お役立ちコラム

債務整理をするとクレジットカードは作れなくなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
債務整理をするとクレジットカードは作れなくなる?

「任意整理するとクレジットカードはどうなる?」
と疑問に思っている方はいませんか。
多重債務などが原因で任意整理を行った場合、カードは利用できなくなるのでしょうか。
この記事では、任意整理した後のカード利用について解説します。

□ブラックリストとは

任意整理を行うと、CIC、JICC、KSCなど個人信用情報機関に「事故情報」として登録されます。
「ブラックリスト」の方が聞きなじみのある方は多いかもしれませんね。
ブラックリストとは、信用情報に事故情報が登録された状態のことを言います。

この状態になると、
・新たに借り入れできなくなる
・クレジットカードが作れない
・第三者の保証人になれない
などの不利益が生じます。
信用情報は、本人を識別する情報、信用取引に関する契約内容や支払状況、利用残高などで構成されています。

「債務整理を行った」「延滞した」など事実のみが掲載されるので、借り入れをした理由や家族についての信用情報など他の情報は掲載されません。

任意整理の情報が事故情報として掲載されると、クレジットカードの新規作成やローンなどの借り入れができません。
5年間はカードの新規発行ができなくなり、さらに10年間は住宅ローンの融資を受けられません。

□一部カードを任意整理の対象から外せるのか

中には、「使いたいカードだけ任意整理の対象から外したい」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。
実は、一部のクレジットカードを任意整理の対象から外すことは可能です。
一方、同じ債務整理の中でも、個人再生や自己破産の場合は不可能です。

一部のカードを残せるとは言っても、いずれはそのカードも使えなくなる可能性が高いです。
一定期間は使用できますが、金融機関がカードの更新などのタイミングで信用情報を確認した際に使用不可になる可能性があります。
カード会社が独自の判断基準で信用情報をチェックすることもあるので、更新時期の前にカードが突然使えなくなる可能性もあります。

また、使えるカードだけ使用しても、さらに借金を増やすリスクがあることに注意しましょう。
任意整理の直後は、カードを使いすぎないように慎重になるかもしれません。
しかし、返済が楽になるとつい買い物しすぎたり、現金がなくなってまたカードを使ったりして、再び借金を増やしてしまうケースも多いです。

カードを残せたとしても、再び借金が増えてしまっては本末転倒ですよね。
任意整理の対象から外したカードの利用は、しっかり自己管理する必要があります。

□任意整理後のカード利用について

任意整理後は現金払いや銀行振込などの選択肢に絞られますが、カードが使えないと不便利に感じる方も多いでしょう。
ここでは、クレジットカードが無くても生活に困らないよう、代替として使用できるものを紹介します。

*デビットカード

決済した瞬間に利用額が指定の銀行口座から引き落とされるカードです。
実店舗やネットショッピングで使用できるので、クレジットカードの代わりとして役立ちます。

審査は不要で、任意整理後でも自分の名義で申込できます。
ただし、クレジットカードよりも対応店舗が少なく、分割払いはできないというデメリットがあります。

*家族カード

カード本会員の配偶者や親、子どもに発行できる付帯カードです。
利用額は本会員の指定口座から引き落とされます。
本会員以外は、任意整理後でも利用は制限されません。

*プリペイドカード

あらかじめ必要な入金した金額分だけ利用できるので、使い過ぎを防止できます。
ただし、分割払いやリボ払いは利用できません。

ここまで紹介した3つのカードであれば、クレジットカードの代わりとして役立つでしょう。

任意整理後に最短5年でクレジットカードは利用できるようになりますが、5年経過しても必ずしも審査に通るとは限りません。
最後に、任意整理後にクレジットカードを発行する際の注意点について解説します。

まず、信用情報機関のCIC、JICC、KSCは互いに信用情報を交換しているということを知っておきましょう。
1つの信用機関でブラックリストに掲載されていないことを確認しても、その後カードの申請を出した際には情報共有により審査に落ちる可能性があります。

審査に通りにくいからと言って、複数のカード会社に同時に申し込む方もいます。
しかし、カード会社では申し込み状況が分かるので、短期間に複数のカードを申し込むと怪しまれて審査に落ちる可能性があります。

また、任意整理をしたかどうかは関係なくカード審査には時間がかかることを覚えておきましょう。
カード会社が信用情報機関に照会し、過去の支払い履歴の確認に時間をかけるので、カード発行までは数週間かかります。
任意整理後だから時間がかかるのではなく、一般的に支払い能力の評価には時間がかかるのです。

□まとめ

今回は、任意整理後のカード利用について解説しました。
任意整理を考えている方でも、いきなり専門家に相談せず、まずは「住宅ローン返済支援エージェント」までご相談ください。
最初に専門家に相談すると選択肢を絞られてしまいますが、「住宅ローン返済支援エージェント」では統括的なサポートを行います。

次回の住宅ローンに困った時のコラムは
住宅ローンの返済でお困りの方必見!個人再生についてご解説します

前回の記事

https://loan-furukikoumuten.com/住宅ローン返済でお困りの方必見!親子間売買に/ ‎

関連記事:債務整理・個人再生・自己破産・任意整理

https://loan-furukikoumuten.com/任意整理と個人再生と自己破産の違いをご存知で/

個人再生で使われる特則とは?住宅ローンに関する悩みを解決します!

住宅ローンの返済が厳しい方にお届け!自己破産で免責を考えてみませんか

住宅ローンのお支払いでお困りの方必見!任意整理とは何かご紹介します

 

https://loan-furukikoumuten.com/任意整理の流れを知りたい!そのような方に手続/ 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA