お役立ちコラム

住宅ローンの返済期間を延長したい方必見!その方法についてご紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローンの返済でお困りの方はいらっしゃいませんか。
住宅ローンは長期間にわたって返済していくものなので、返済でつまづくこともありますよね。
住宅ローンに困った場合には、返済期間を延長することで負担を軽減できます。
今回は住宅ローンの返済期間を延長する方法についてご紹介します。

□住宅ローンの返済条件を変更する方法とは

住宅ローンの返済条件を変更はどのように行うのでしょうか。
以下で、詳しくご紹介します。

住宅ローンの返済期間の延長は、いつでも誰でもできるというわけではありません。
まず、住宅ローンの返済期間を延長するためには、返済条件を変更するための条件をいくつかクリアする必要があります。
条件は、どの金融機関を利用するかによって違ってきますが、基本的には年収が条件で決められている金額より少ないこと、月収が一定の水準より下回っていること、返済が難しい理由が明確にあることなどが条件として決められています。
そして、これらの条件を満たし、金融機関から返済条件の変更の許可をもらえれば、変更できます。

しかし、実際にはそう簡単に審査には通りません。
審査に通過するまで、何度か金融機関に交渉する必要があるかもしれません。
そのため、金融機関に許可をもらうまで期間がかかることもあるので、少し余裕を持って金融機関に問い合わせましょう。

□住宅ローンの返済期間を延長する方法とは

上記では返済条件の変更方法についてご紹介しました。
それでは、どのようにして返済期間は延長すれば良いのでしょうか。
以下で、詳しくご紹介します。

1つ目に考えられる方法が、現在組んでいる住宅ローン返済期間を延長することです。
この方法は上記でご紹介した、返済条件の変更方法と同様の方法で変更可能です。
この方法は、返済期間を延長したい際によく使用されている方法と言えるでしょう。
一般的には、返済期間が35年をオーバーしている場合を除いて、ほとんどの金融機関で返済期間の延長を認めてもらえます。

しかし、こちらの方法では指定された審査に通過する必要があるので、その点に関しては注意が必要でしょう。
現在契約している住宅ローンの返済期間を延長するには、まず現在ローンを利用している金融機関に延長したいということを伝えます。

次に、申請書を提出します。
こちらの申請書を提出するタイミングで他の書類も必要になることもあるので、事前に金融機関に聞いておきましょう。
申請書を提出したら、金融機関による審査に入ります。

そして、審査が通過すれば、通知が届き住宅ローンの返済期間を延長できます。
これらの手続きをスムーズにするためにも事前にしっかり準備をしておきましょう。

2つ目に考えられる方法が、住宅ローンを借り換えて返済期間を延長する方法です。
実は、住宅ローンを借り換えることでも返済期間を延長可能です。
金融機関の中には、借り換えることで返済期間を延長することに対応しているところもあり、その仕組みを利用することで、返済期間を延長できるのです。
こちらの方法を利用する場合には、住宅ローンの金利や返済期間延長の柔軟さなどを事前にチェックしておくと良いでしょう。

しかし、借り換えることで返済期間を延長すると、いくつか費用が発生します。
住宅ローンを借り換えることになるので事務手数料や保証料といったお金を支払う必要があります。
どれくらい費用がかかるのか事前にチェックしておきましょう。

また、手続きには時間がかかります。
そのため、すぐに返済期間を延長できるというわけではありません。
時間に余裕を持たせてこの方法を利用してください。

□住宅ローンの返済期間を延長させるメリットとは

それでは、返済期間を延長することでどのようなメリットが発生するのでしょうか。

最大のメリットは、毎月の住宅ローンの負担を軽減できることでしょう。
住宅ローンは毎月支払っていくものなので、家計の負担になることもありますよね。
また、長期間支払っていくものでもあるので、返済計画をしっかり立てていないと、毎日の生活がしんどくなるかもしれません。

しかし、返済期間を延長することで、毎月の支払額を抑えられます。
返済期間は延長すればするほど毎月の負担を減少させられます。
これはかなり嬉しいですよね。
例えば、20年かけて返済する予定だったものを35年かけて返済することにすると、万単位で毎月の返済を楽にできます。

このように、返済期間の延長は毎月の支払いを楽にするという点ではかなりの効果を発揮すると言えるでしょう。

しかし、返済期間を延長すると総支払額自体は増えたり、年齢によっては退職した後も返済したりすることになりかねません。
そのため、返済期間の延長はしっかり考えてから行いましょう。

□まとめ

今回は返済期間の延長方法についてご紹介しました。
返済期間を延長することで毎月の負担を軽減できます。
住宅ローンの返済でお困りの方は是非当社までご連絡ください。

コメントを残す

*

CAPTCHA