お役立ちコラム

住宅ローンの繰上げ返済を検討している方にそのメリットについてご紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローンの繰上げ返済を検討している方にそのメリットについてご紹介します

「繰上げ返済について知りたい。」
「繰上げ返済をするとどのようなメリットがあるのか分からない。」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
たしかに、繰上げ返済は聞き慣れない言葉なので、あまりよくわからないという方が多いでしょう。
そこで今回は、繰上げ返済をするメリットについてご紹介します。

□繰り上げ返済とは?

そもそも繰り上げ返済とは何なのでしょうか。
繰り上げ返済とは、毎月する返済とは別に住宅ローンの一部、もしくは全てを返済することを意味します。
通常の返済においては、利息分も含めて返済しますが、繰上げ返済を利用する場合には返済分が全て元金の返済に使用されます。
そのため、利息分が節約され利息を軽減できます。
住宅ローンを節約できるのは嬉しいですよね。
また、繰り上げ返済には2つの種類が存在します。
1つ目が期間短縮型です。
期間短縮型で繰上げ返済を利用した場合には、毎月の支払額に変化がありません。
しかし、その名の通り返済期間が短縮されるため、その分の利息が節約できます。
2つ目が返済額軽減型です。
こちらは、上記の期間短縮型とは違い、返済期間を短縮しません。
その代わりに、毎月の返済額を引き下げ、返済を楽にします。
利息軽減効果で言うと、上記の期間短縮型の方が効果はあります。
しかし、毎月の支払額を下げられるので、子供の成長に伴いお金が必要になったり、夫婦どちらかが育休、産休に入ったりといった場合に、家計を安定させるには効果的と言えるでしょう。

□繰上げ返済をするメリットとは?

では、具体的に繰上げ返済にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
以下で、詳しくご紹介します。
1つ目に考えられるメリットが、利息分を節約できることです。
住宅ローンで悩まされるのが利息ですよね。
金利が低くなっているとはいえ、毎月支払うとなると厳しくなることもあるでしょう。
しかし、繰上げ返済を利用すれば住宅ローンの利息を大幅に減少させられます。
例えば、お子さんがまだ小さい時の余裕がある時期に、繰上げ返済を行い、進学等でお金がかかる時期には返済が完了しているように返済計画を立てることも可能ですよね。
上記のようにその人に合わせて利用できるのも嬉しいポイントと言えるでしょう。
2つ目に考えられるメリットが、支払った保証料が戻ってくるかもしれないことです。
住宅ローンを契約する際には、もしも最後まで返済できなかったときのことを考えて、保証会社へ保証料を支払います。
しかし、繰上げ返済を行うことによって保証会社に支払ったお金が返ってくることがあるのです。
これは、かなり嬉しいですよね。
しかし、保証料が戻ってくるかどうかは返済金額、繰上げ返済を利用する時期、または住宅ローンを契約している金融機関によって状況が違ってきます。
そのため、保証料に関して疑問があるようであれば、契約している金融機関に連絡してみましょう。
そうすることで、保証料が返ってくる可能性もあるでしょう。

□繰上げ返済をするときの注意点とは?

繰上げ返済を利用する際には、もちろん注意点も存在します。
そこで、ここからは繰上げ返済を利用する際の注意点についてご紹介します。
繰上げ返済を検討している方は是非参考にしてください。
1つ目の注意点が、住宅ローンの控除が減額する、もしくは受けられなくなるかもしれないことです。
住宅ローン控除を利用している場合には、年末までに残っている住宅ローンの金額から1パーセントほど納めた所得税等から控除してもらえますが、この期間に繰上げ返済を利用した場合には、年末の住宅ローンの残高が減少するので、控除額も減少する可能性があります。
また、繰上げ返済をして返済期間を短縮することによって、初回の返済日から最終返済日までの期間が10年未満になってしまった際には、控除自体を受けられなくなります。
これはかなり痛手ですよね。
そのため、繰上げ返済を利用する際には、控除との兼ね合いを考慮して利用しましょう。
2つ目の注意点が、繰上げ返済の最低額が定められている可能性があることです。
金融機関や商品によって繰上げ返済の最低金額が違ってくるので注意が必要です。
繰り上げ返済の最低金額によっては、家計の負担になることもあるので事前に調べておきましょう。
3つ目の注意点が、贈与税です。
両親や親戚等から贈与を受けて、繰上げ返済をしようと考えている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、贈与の金額によって贈与税がかかる可能性があります。
贈与を受け取った人の受贈金額が基礎控除の年間110万円を超えた部分に関しては、贈与税の対象となります。
そのため、親戚や両親のお金を繰上げ返済に充てる際には注意しましょう。

□まとめ

今回は繰上げ返済のメリットについてご紹介しました。
繰上げ返済をすることで、様々なメリットを受けられますが、注意点もあります。
繰上げ返済を考えている方は、今回の記事を参考にして行なってみてください。
また、返済でお困りの方は当社までご連絡ください。

次回の住宅ローンに困った時のコラムは
住宅ローンの返済が厳しくなってきた方へ!対処法をご紹介します

 

前回の記事

住宅ローンを滞納してしまい、返済者が死亡した場合どうなるの?

 

関連記事:住宅ローン繰上げ返済・リスケ・リスケジュール・延期・延長

住宅ローンの返済が厳しい方へ!繰り上げ返済と借り換えについて解説します!

住宅ローンの繰り上げ返済について知りたい方へ!メリットとデメリットをご紹介

住宅ローンの返済に困ったら?リスケについて説明します!

住宅ローンが払えないときに延期はできるのか?詳しく解説します!

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA