お役立ちコラム

住宅ローンの残高を確認する方法やタイミングについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローン残高確認

「住宅ローンの残高を確認する方法について気になっている。」
「残高を確認するべきタイミングについて知りたい。」

住宅ローンの残高について、知りたいと思っている方はいませんか。
残高を確認した際は、家計とライフプランを見直すきっかけにも繋げられます。
今回は住宅ローンの確認などに関して解説します。

 

□住宅ローンの残高はどのように確認できるのか

残高を確認する方法は、一般的に3つあると考えておくと良いでしょう。

1つめは、返済予定表で確認する方法です。
返済予定表とは、住宅ローンの返済予定に関して記述してある書類のことです。
そのため、これを確認すれば残高は確実に把握できるでしょう。
返済予定表は、住宅ローンの利用時に金融機関から送付されます。
残高を確認したいときにいつでも確認できるよう、しっかりと保管しておくことは重要です。

2つめは、残高証明書で確認する方法です。
ローンの利用時に申請をしておくことで、毎年金融機関から送付されてくることはご存知でしたか。
計画的に残高を確認したい方は申請をしておいて、残高証明書を確認すると良いでしょう。

3つめは、金融機関のウェブページから確認する方法です。
ただし、金融機関のウェブページで残高を確認できる場合は、インターネットバンキングを利用している方、もしくは金融機関のウェブサービスに登録している方に限られることは知っておきましょう。
ウェブページであれば、書類がない場合でもすぐに確認できるといったメリットがあります。

 

□残高を見直すべきタイミングはいつなのか

残高を見直すタイミングは、日常ではほとんどありませんよね。
そのため、残高を見直すべきタイミングについて知りたい方もいらっしゃるでしょう。
具体的には、4つのタイミングで残高を確認すると良いです。

1つ目のタイミングは、控除を利用するときです。
決められた条件を満たしていれば、住宅を購入する際にローンの控除が利用できることはご存知でしたか。
控除では、一定期間ローン残高に応じた金額が所得税から差し引かれるので、確認する必要があるというわけです。

2つ目のタイミングは、繰上げ返済を行ったときです。
住宅ローンは、一般的な返済と違って、余剰資金によって残高の一部を繰り上げて返済できるといった条件があります。

繰り上げ返済に利用できる資金の確認と、繰り上げ返済を行うことでどれくらい残高を減らせるのか正確に把握する必要があるからです。

3つ目のタイミングは、住宅ローンの内容を見直すときです。
住宅ローンを返済していく中で、どうしても家計が苦しくなってしまう場合もあるでしょう。
そのような場合には、住宅ローンの残高の確認は必須でしょう。
住宅ローンの内容を見直す際に、残高のチェックだけでなく、返済計画表も確認することは頭に入れておきましょう。

4つ目のタイミングは、住宅を相続するときです。
住宅の相続を行う場合、ローン残高の返済も引き継ぐ必要があります。
そのため、相続するかたは必ず残高を確認しなければなりません。

 

□家計とライフプランの見直し方について

住宅ローンの残高を確認した際は、家計とライフプランを見直すきっかけにもできます。
具体的にどのようにして、家計とライフプランを見直せば良いのか解説します。

はじめに、家計全体を把握しましょう。
家計簿をつけておくことで、収支のバランスについて把握できます。

次に、どれくらい家計に負担がかかっているのか確認しましょう。
住宅ローンの返済が、家計の大部分を占めていれば、返済計画を見直すことも考える必要があります。

目安としては、住宅ローンの返済中にも継続して貯蓄できる状態が好ましいとされています。
また、ローンの返済は年収の24パーセントとも言われているので参考にしてみてはいかがでしょうか。
返済に余裕がある場合は、繰り上げも視野に入れると良いです。

 

□住宅ローンの返済が困難だと感じた場合

住宅ローンの残高を確認した後、返済は困難な状況にある人もいらっしゃるかと思います。
そのような場合の対処方法について解説します。

1つ目の解決策としては、毎月の返済額の減額を相談することです。
金融機関の窓口で相談することで、減額を受け入れてくれる場合もあるでしょう。
この場合、しっかりと専門家に手伝ってもらって、自分にあった返済額を考えてもらうと良いです。

2つ目の解決策としては、住宅を売却して家計に負担が少ない住宅に住み替えることです。
家計に負担がかからない住宅に住むことで、娯楽などにお金を使える割合が増えるので、今よりも幸せに暮らせるかもしれません。

 

□まとめ

住宅ローンの残高の確認方法や、残高を見直すべきタイミングについて理解していただけたでしょうか。
また、住宅ローンの残高を確認した後は、家計とライフプランを見直すことで、今以上に快適な暮らしを実現できるでしょう。
また、返済が厳しい場合の対処方法も知っておくことで万が一に備えておくことも重要です。

 

次回の住宅ローンに困った時のコラムは
住宅ローンの契約者が死亡してしまったらどうすればいいの?です。

 

前回の記事

住宅ローンの滞納の予防策について紹介します!

 

関連記事:住宅ローン減額・その他

住宅ローンをクレジットカード払いで返済可能なのか?

ローンの返済は減らせるのか?代表的な3つの手法

住宅ローンが払えないときに延期はできるのか?詳しく解説します!

退職後の住宅ローンの支払いが厳しそうな方へ!対処法を紹介します!

コメントを残す

*

CAPTCHA