お役立ちコラム

住宅ローンのクレジットカード払いは可能か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近キャッシュレス化が進み、カードで払えばポイントが付くようになりましたよね?
もし住宅ローンもカード払いできたら相当なポイントが付くのではと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回はクレジットカードでの住宅ローンの返済は可能かどうかについて解説します。

 

□住宅ローンをクレジットカードで払えるのか?払えないのか?

もし払えたら、一体何円分のポイントが還元されるのかと考えたくなりますよね。
しかし、結論から言うとクレジッカードでは住宅ローンを払えません。
理由は、担保があるかないかになります。チョット解りづらいので解説します。


住宅ローンは金融機関に住宅を担保にして借入を行っていますよね。
住宅を担保にするだけでなくきちんと保証人を付けてまで債権が不渡りになるリスクを回避しています。
そのため、住宅ローンのような大きい金額を借りられるようになっています。


一方で、クレジットカードは無担保で融資を受けていますよね。
したがって、借りられる金額には上限があります。
一般的なその上限額は住宅ローンを返せるに値する十分な金額にはなりません。
もし、住宅ローンを返せるだけの金額を融資してしまうと債務者が返済不可となった時に無担保であるためカード会社は大きな損失を出してしまいます。
そのような理由からクレジットカードでは住宅ローンが返済できない仕組みになっています。


仮にクレジットカードが使えたとしても絶対に使わない方がおすすめです。
なぜか言うと、理由はカードを利用するたびに一定の割合の手数料を支払っているからです。
クレジットカードで買い物をするということは支払いをカード会社に立て替えてもらうということですよね。
その立て替え代として手数料が取られているのです。


そのため、カードで住宅ローンの返済が出来たとしてもそこに住宅ローンの金利が上乗せになるので、結果として銀行の住宅ローンよりも金利が高くなってしまいます。
住宅ローンの返済は長期に渡りますよね。
そのような長期の返済では金利を考えることが重要です。
銀行であれば住宅ローンの金利だけで済むので圧倒的にクレジットカードでの支払いよりも得ですね。
ちなみに、同じ理由で車のローンや奨学金もクレジットカードで支払いができないようになっています。

□キャッシングによる一時的な返済をおススメしない理由

クレジット決済できないのであれば、キャッシング機能を使えばいいのではと思う方も少なくないでしょう。
しかしながら、キャッシングの利用もおすすめできません。
そもそも利用している間はほとんど住宅ローンの審査に通りません。
キャッシングをするにも金利がかかりますよね。
しかもその金利は意外と高いです。


カード会社からお金を借りているということはそれだけその人が高い金利を払ってでもお金を借りなければいけない状態であるということの証明のようなものです。
そんな人に金融機関はお金を貸してまでリスクを負いたくないので、審査の段階で断られてしまうでしょう。
したがって、キャッシング機能を利用することは一時的には問題ないかもしれません。
しかし、長期的に考えれば将来新しくローンを組めなくなってしまうので注意が必要と言えます。
もし、すでに利用していてこれから住宅ローンを組む方はそのカード会社のカードを解約すると良いでしょう。

 

また、キャッシングは緊急でどうしても現金が必要な方や、借入額が少なく一括で返済できる方が利用するケースが一般的です
住宅ローンのように長期に渡って返済をするために利用することはリスクも大きく向いていないと言えます。
さらに金利も高いので、わざわざカードを利用して現金を手に入れるよりも、よっぽど金融機関で融資を受ける方が賢いでしょう。


もし、どうしても返済が不可能になってキャッシングする場合には最新の注意をしてください。
住宅ローンの返済ができない状況であるということは今後も返済が難しい可能性が高いですよね。
そのような状況で、キャッシングをしてしまうと最初は滞納するはずだった分の住宅ローンを補えます。

しかし、必ず後からしわ寄せが来てキャッシングの返済ができなくなります。
そうなると住宅ローンを滞納するだけでなく、キャッシングの返済も滞納になってしまいます。
こうなるとどうなるか簡単に想像できますよね。


カード会社のブラックリストに載り、信用を失ってしまいます。
クレジットカードは名前の通り信用が全てなので、信用を失うとローンをそれ以上組めなくなるでしょう。
そのようなことを回避するためにも住宅ローンの返済には金融機関を利用するようにしましょう。
もし、返済が困難だなと感じた場合はキャッシング機能に頼って事態を先延ばしにはせず、早めに住宅ローンを借入している金融機関に相談しましょう。

 

□まとめ

一見、住宅ローンはクレジットカードで払った方がお得なようにも思えますよね。
しかし、実際には色んな落とし穴があることに今回の記事を読んで気づいたのではないでしょうか。
もし、他に気になる点がございましたら、気軽に当社にご相談下さい。
お困りの際は全力でサポートさせて頂きます。

コメントを残す

*

CAPTCHA