お役立ちコラム

意外と知らない?住宅ローンが返済できない場合に有効な親子間売却とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「住宅ローンが返済できないけど、今の家に住み続ける方法はないかな。」
「親子親族間売買のメリットとデメリットについて詳しく知りたい。」

住宅ローンの返済が厳しい方で、どうしても今の家を手放したくないと考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方におすすめなのが、親子親族間売買です。

 

□住宅ローンが支払えない場合でも自宅を手放したくない時に有効な親子親族間売買とは

何らかの事情で、住宅ローンが支払えない状況にある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
住宅ローンを支払えない場合、今住んでいる住宅に住み続けることは難しいですよね。

しかし、住み慣れた住宅を手放したくないと考える方は多くいらっしゃるでしょう。
住み慣れた住宅に住み続ける方法として、おすすめなのが親子親族間売買です。
親子親族間売買と聞いて、何のことかよくわからない方も多いですよね。
そこで、親子親族間売買について詳しく解説します。

親子親族間売買とは、信頼できる親や子、兄弟、親族などにその住宅を購入してもらうことを言います。
これにより、住宅ローンが支払えなくても、現在所有している住宅に住み続けられるでしょう。

 

□親子間売却のメリットとデメリットについて

親子親族間売買を行うことで、住宅ローンが支払えなくても現在の住宅に住み続けられるということを解説しました。
実際に、検討する前にあらかじめどのようなメリットやデメリットがあるか知っておきたいですよね。
親子間で売買を行うことを親子間売買と言います。
今回は、親子に限定してメリットとデメリットについて解説します。

 

*親子間売却のメリットについて

親子間売却のメリットとしては、やはり現在住んでいる住宅に住み続けられることでしょう。
これにより、思い出の詰まった住宅を手放す必要がなくなりますし、引っ越しにかかる負担も無くせます。

また、親子間で行われる取引なので、近隣の方や身近にいる友人などに経済状況を知られてしまうといったことがないです。
親子間売却では、毎月の返済負担が少ないのもメリットとして挙げられるでしょう。

 

*親子間売却のデメリットについて

親子間売却には、いくつかメリットがあることは理解していただけたでしょうか。
メリットがあれば、もちろんデメリットもあります。
親子間売却を検討する際は、デメリットもしっかりと考慮して、慎重に決断する必要がありますよね。

親子間売却のデメリットとして、大きく分けて2つ挙げられます。
1つめは、住宅ローンの利用が困難なことです。
理由としては、3つ程度知っておくと良いでしょう。

1つめは、親子間において住宅は基本的に相続か贈与での取得が一般的であることです。
そのため、売買での住宅ローンを利用するには少し難易度が高くなってしまいます。

2つめは、売買価格が公正さを欠いてしまう可能性が高いということです。
買い手がつかないような高い価格では、不動産売買は成立しないことはわかりますよね。
また、一般市場相場価格よりもかなり低い値段で取引を行う場合も、債権者の抵当権抹消の同意や税務上で問題になる場合があります。
そのため、親子間で合意できた場合でも、債権者が合意してくれないと取引が行えないので、親子間売却が成立しないというわけです。

3つめは、金利の安い住宅ローンで資金を確保して、他の用途に利用される可能性があるということです。

親子間売却のデメリットとして、2つめに挙げられるのは、親子間トラブルを巡る詐欺などのトラブルが多いことでしょう。

 

□親子間売却で住宅ローンを利用したい場合は?

親子間売却において、住宅ローンを借りることは難しいと解説しました。
しかし、いくつか気をつけるべきことを知っていれば、借りられる可能性が高まるでしょう。

住宅ローンを借りる際に注意すべきポイントを3つ押さえておきましょう。

1つめは、専門家と一緒に金融機関に相談することです。
親子間売却を検討している方で、自分で金融機関に相談する方は多くいらっしゃいます。
しかし、銀行相談窓口でのヒアリングや書類記入方法には、正しいノウハウが必要なので専門家に相談しながら行いましょう。

2つめは、親子間売却の際に住宅ローンを借りる難易度が高いと認識している不動産会社に相談することです。
多くの金融機関に住宅ローン申請してしまうと、今後住宅ローンを借りる際に不利益を被ってしまいます。
そのため、住宅ローンを借りることの難しさを正しく把握している不動産会社に依頼するよう、心がけましょう。

3つめは、親子間売却に特化している不動産会社に依頼することです。
ノウハウを豊富に持っていれば、住宅ローンを借りられる可能性が高まるでしょう。

 

□まとめ

親子親族間売買とは何か、詳しく理解していただけたでしょうか。
これを知っておくことで、手放したくない住宅を所有し続けられるかもしれません。
しかし、親子親族間売買には、デメリットもあることを知っておく必要があります。
今回の記事を読んで、わからないことがあれば、一度専門家に相談してみるのも良いでしょう。

 

コメントを残す

*

CAPTCHA